FXは海外と国内業者のどちらがおすすめか

投稿者: |

FXの業者の拠点は、海外と日本国内があります。前者の海外に拠点がある業者は、海外FXと呼ばれる事もあります。国内と海外の業者はよく比較されますが、レバレッジを重視したいなら海外がおすすめです。ですが入出金の利便性は、国内業者の方が優れています。

レバレッジが高めで口座開設がスピーディーな海外業者

海外FXには、レバレッジの高さに特徴があります。日本国内の業者と比べると、明らかにレバレッジが高いからです。
日本国内の業者の場合、最大レバレッジは25倍に限定されます。ですが海外業者の場合は、そのレバレッジが800以上になっている事もあるのです。日本国内では、レバレッジ800倍の業者はまず見かけません。
ではレンジが高いという事は、必然的にFXの取引のリスクも高くなります。ハイリスクハイリターンにはなるものの、FXで大きなお金を動かしたいなら、海外業者はおすすめです。
それと海外FXの場合は、比較的スピーディーに口座を開設する事ができます。たいていの海外業者ですと、申し込みをした当日中には取引をする事ができます。しかし日本国内の業者の場合は、たいてい翌営業日になってしまうのです。パスワードが郵送されるからです。ですから早く取引したいなら、海外業者がおすすめです。

入出金とスプレッドにメリットがある国内業者

日本国内の業者のメリットですが、入出金です。海外FXと比べると、とてもスピーディーに入金する事ができます。
日本は、国内での送金システムは非常に充実しています。銀行振り込みのシステムが充実しているので、当日中に振込むことができます。
しかも国内業者なら、ネットバンキングを利用できるのです。24時間いつでも利用できる上に、手数料も無料になります。
海外FXに即時入金したい場合、クレジットカードを使用するしかありません。海外送金などの手段ですと、どうしても時間がかかってしまうからです。
また国内業者は、出金もスピーディーです。FX業者によって出金スピードは異なりますが、当日中に出金してくれる業者も複数あります。海外業者ですと、やや手間がかかります。
それと国内業者には、スプレッドにもメリットがあるのです。海外FXと比べると、全体的にスプレッドは狭めになっています。海外業者では1銭ぐらいスプレッドを徴収されてしまうものの、国内業者は0.03銭というケースもよくあります。
頻繁にFXの取引を行う方々にとっては、スプレッドの数字は軽視できません。スプレッドが狭い業者で取引したいなら、海外よりも国内がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です